昔は尊敬していましたが、所詮はくだらない人間なんですね

デス書き込み

元々、転職活動をしておりパソコン関係の仕事がしたいないと思い応募したところ、内定をもらい入社し配属された職場となります。

会社の業種はパソコン関係のヘルプデスク業務となります。

応接間のようなところに通され、しっかりした会社だなと最初は思いましたが、社員とアルバイトがあだ名で呼び合い言いたい事も言えないような小学校のような職場であると感じました。また、元々上司と喧嘩をしてもいいみたいな事を全面的に出していましたが実際は上司の言う事をなんでもきかなければならないような印象でした。

最初の印象としてはこの上司についていってもよいかと思うようなカリスマを持っていました。とにかく信じられないレベルで先を見越した仕事の仕方が出きるという事に尊敬や、信仰にも近いようなものがありました。

当初から不満というものはありました。正しい事をこちらが言ってもそれが気に食わなければ、呼び出されたり周囲の人間から意味不明な注意を受ける事になる。他の連中は完全に洗脳されているのだなと感じ、そんな中でも自分の信念を曲げずに働いていると中途採用で入ってきた社員がきて、そこから完全に不満を持つようになりました。

中途採用で入ってきた社員とその上司が仲良くなった事で、その中途採用で入ってきた社員をひいき目に見る事です。その程度ならよいのですが、その中途採用で入ってきた社員が間違った事をしたり言っても庇うという事が横行し怒りを覚えました。

まともに間違っている事は間違っているとちゃんとした対応をしてほしかった。

昔は尊敬していましたが、所詮はくだらない人間なんですねと一言言ってやりたいです。


0
nokko 1年 0 デスコメント 424 アクセス 0

コメント